シェアする

先の不安を抱える人へ

シェアする

たまに襲ってくる。
どうにも弱音を吐きたくなる。
絶望を感じる。
どうしようもなく、不安になることがある。

僕の場合は、
この先どうするんだろう。
生きて行けるのかな。
1秒先だってわからない生きる道。
決まった仕事もなければ、保険も、来月の給料もない。

ただただ、不安に襲われる。

そんな時は、
誰かに弱音を聞いてほしい。
誰かから根拠のない励ましを受けたい。
誰かに気持ちを分かってもらいたい。
そう思うときが、たまに来る。

死んだら楽になるのになと思っても、死ぬ勇気もなければそもそも、
死にたくもない。

そんな時は、いつも無理やり妄想を始める。

もし、明日、嫌でも死ななければいけないとしたら。
もし、明日、嫌でも死ぬなら、何をするだろう。

お金で満ち足りた50mプールを作り、好きなだけ使いたいだろうか?
僕はそうは思わない。
精一杯、人と同じように振る舞うことをしようと思うだろうか?
僕はそうも思わない。
人の言うことを聞いて、その通りに過ごしたいだろうか?
残り一日の人生だから、自由に使いたい。

じゃあ何をするだろうか?

家族に感謝を伝えたい。
悲しまないで欲しいと伝えたい。
お世話になった人に、さよならが言いたい。
仲間に笑顔で別れを告げたい。
僕の人生はここで終わるが、今まで最高だったよと言いたい。
悔いなく生きてきたと言いたい。
ケンカした友達と素直に話がしたい。
疎遠だった知り合いと久々に会いたい。

じゃあ、死ぬ前に1日だけ、誰も知らない世界を生きるとしたら、
何がしたいだろうか。

僕は人に笑ってほしい。
人に笑っていてほしい。
人を笑わせたい。楽しませたい。
楽しんでもらいたい。
方法なんて何でもいい。
人の役にも立ちたい。
困っている人を助けたい。
自分にできることを人のために役立てたい。

具体的には?
車が壊れて困っている人の車を片っ端から直したい。
どうしようもなくつらい人の話を聞いてあげたい。
一人で寂しい思いをしている人同士を結び付けたい。
考えれば考えるほど、いろいろ思いつく。

さて、死ぬまでにはまだ時間がある。
一つずつ実現していこう。
もし、同じように不安と戦う人や、
自分の好きなことや生きる意味が見つからない人がいれば、
この方法を試してみて。