シェアする

運命はあるが、明確なサインはない。

シェアする

路地裏部屋にドリームキャッチャーがきました!
買っただけです。

話はいったん変わりますが、

運命的な出会い!っていいですよね。
ロマンが溢れる感じで。

思うんですが、運命の出会いって、
運命です!っていうサインがない場合がほとんどだと思います。
もちろん、特別な感覚を研ぎ澄ませて、明確に見える人もいると思いますが、
トッシィはそういうタイプの人間ではありません。

でも、運命の出会いは誰にでも存在し、日常で訪れているとしたら、
それに気が付くかどうかは、非常に重要なことですよね。
でも、明確なサインはないとしたら。。。

勘に頼りましょう。余計なことは考えず、いいなと思ったら手を伸ばす。
失敗したって、死にはしないです。やり直しがきく。
成功したら、見返りは大きいはず。
命の張り時は、一生に一回あるかないかですが、運命はたくさんありそうです。

僕はドリームキャッチャーにひかれて、買いました。
買った結果、運命だったかはわかりません。
でも、気休めになります。見たら2%楽しくなります。
このファン付きの照明も、フィーリングで買いました。
当初、見たら2%楽しくなりましたが、今は特別意識しないと普通です。
つまり、2%楽しくなった状態が維持されているということです。
この照明で+2%だから、102%楽しい人生。
それに今回、ドリームキャッチャーで+2%だから、
102%の2%アップで 102×1.02=104.04%
相乗効果で2.04%楽しくなりました!

これが積もり積もれば、びっくりするような相乗効果が期待できます。
さらに、ドリームをキャッチしてくれた日には・・・
そして、散財するお陰で、経済は回る。

トッシィ妄想列伝でした。
みなさんもこんな考え方、いかがですか?